卒業式で最高の校歌を

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. 卒業式で最高の校歌を

 先日、本校でも今年度の卒業式がありました。

 本校は小規模校ですべての学年が1クラスのため、私の担任する4年生も卒業式に参列しました。巣立っていく6年生のために、呼びかけや歌をがんばって練習してきました。
 

 卒業式当日の朝に、被災地の小学校で、被害が大きかったために廃校になってしまうということを取り上げた記事を子どもたちの机においておきました。記事によると、廃校になる小学校で校歌だけは残したいということで、全校児童で歌っているところをCDにしているということでした。


子どもたちは、
 

「きっと思い出の校歌なんだね」
 

「校歌をそんなに大切に思っているんだ」
 

「そういえば、うちのお父さんも校歌をまだ歌えるって言っていたよ」
 

などの感想を口々に話していました。

 そこで、私から、「卒業式では6年生と一緒に最高の校歌を歌おう」と投げかけました。

 

 本番の卒業式では、みんな一生懸命に校歌を歌うことができました。6年生もきっと思い出に残る卒業式になったと思います。


 新聞では子どもたちにとって身近な、それでも普段はあまり意識していないことなどがたくさん取り上げられています。

 教師がそれらの情報をキャッチするアンテナを高くして、子どもたちに提供できるようにしていくことが大切だと思いました。

 来年度もがんばってNIE実践をしていきたいと思います。
 

NIEアドバイザー/さいたま市立東宮下小学校教諭 菊池健一(3月25日)