NIEタイム

  1. NIEトップ
  2. NIEタイム

「NIEタイム」とは、正規の授業時間以外の場で、「新聞」を活用する短時間のNIE活動のことです。例えば、「朝読書」と同じように、授業が始まる前の朝の10分から15分の時間帯に新聞を読む活動がそれにあたりますが、その他にお昼休みや終業後、正規の授業の最初の数分間など、短い時間で新聞を活用した取り組みを行うことも、「NIEタイム」です。小学校低学年から高校生まで、全ての校種・学年で実施することができ、今「新聞活用学習日常化」の切り札として全国に広がっています。呼び名も「新聞タイム」「朝新聞」「新聞の時間」など様々ですが、ここではそれらを総称して「NIEタイム」としました。

「NIEタイム」の教育活動としての良さを挙げてみますと、

  1. 学校ぐるみでも学年でも教科でも学級単位でも取り組める活動です。
  2. 特別な準備や指導計画、指導技術を必要としません。
  3. その気になれば、明日からでも始められます。
  4. 短時間にもかかわらず学習効果が大きく、子供にとっても教師にとっても手応えが実感できる活動です。

このウェブページでは、全国各地で展開されてきた実践例を幾つかの類型にまとめ、具体的活動形態や進め方をご紹介します。各学校の児童生徒の発達段階状況に合わせ、アレンジしたりバージョンアップしたりして実施していただきたいと思います。特に高校については小・中学校とは別に、1項目を立てて紹介することにしました。

各項目をクリックしていただければ、該当の内容をご覧いただけます。自由にダウンロードしてお使いください。より充実した内容にしていくため、今後、コンテンツの内容は順次更新していく予定です。実践された内容をご紹介いただける場合は日本新聞協会NIE担当までお寄せいただければ幸いです。

一般社団法人日本新聞協会新聞教育文化部NIE担当
メールアドレス:nie@pressnet.or.jp

NIE実践例一覧

PDFファイルをダウンロードしていただけます。