第3回NIE教育フォーラム
「読む力で育む学び」

  1. NIEトップ
  2. 第3回NIE教育フォーラム 「読む力で育む学び」

第3回NIE教育フォーラム
「読む力で育む学び」

当日の様子

変化が激しい現代社会を生き抜くには、多様な情報を読み解く力が不可欠です。この力は、現代の子供たちに求められる力の基盤となるものであり、主権者として自分の考えをまとめ、意思表示する上でも欠かせません。学校の「知の中核」である学校図書館は、子供たちの“読む力”を向上させ、学びを深めるためにどのような役割を果たせるのか。子供の社会への関心を高めるにはどうすればよいか。本フォーラムは、それらを考える機会とします。


当日は教育関係者ら100人が参加。大学生と情報リテラシーの現状、学校図書館が児童生徒の学びに果たす役割、次期学習指導要領を見据えた主権者教育とNIEの在り方などについて話を聞きました。


日時 2018年2月3日(土) 午後1時20分~4時(受付開始午後1時)
会場 プレスセンターホール(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10階)
プログラム(敬称略)
  • 基調講演
    「大学生と情報リテラシー」
    倉田 敬子
    慶應義塾大学文学部 教授
    日本図書館情報学会 副会長

  • 講演
    「新聞で広げる読書活動――ニュースで耕す文化の土壌」
    鵜飼 哲夫
    読売新聞東京本社 編集委員

  • 実践報告
    (1)「学校図書館と連携したNIE」
    片岡 則夫

    清教学園中・高等学校 探究科教諭・図書館リブラリア館長

    (2)「主権者教育とNIE――次期学習指導要領を見据えて」
    黒崎 洋介

    神奈川県立瀬谷西高等学校 教諭

案内パンフレット

過去のフォーラムの様子