写真記者から新聞写真について学ぶ

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. 写真記者から新聞写真について学ぶ

 4学年の国語科の学習で「アップとルーズで伝える」という単元の学習に取り組みました。

 アップとルーズという写真の撮り方を対比させ、その特徴について説明をしていく言語活動を設定。児童は、自分が新聞から見つけた写真を友達に発表できるように準備をしています。

 新聞写真を詳しく学習するために、プロの写真記者さんをゲストティーチャーにお呼びしました。新聞写真について詳しく解説していただいたり、児童が選んだ新聞写真についてコメントをいただいたりしました。

 児童はアップとルーズの視点で写真を選んだのですが、どっちなのか迷った写真がたくさんありました。記者さんからはそれは「中景」(ちゅうけい)という形で、近くも遠くも写るようにした撮り方であるということを学びました。

 今回の学習を生かして、児童は新聞から自分が友達に紹介したい写真を選んでいきます。アップとルーズをきちんと説明できるように準備を進めていきたいと思います。
 

NIEアドバイザー/さいたま市立東宮下小学校教諭 菊池健一(11月12日)