金環食を新聞で学ぶ

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. 金環食を新聞で学ぶ

 5月21日に関東では173年ぶりとなる金環食を見ることができました。本校では、7時過ぎから児童が登校し、全員で観察を行いました。天気が心配でしたが、児童が観察する際には大変よく見ることができました。本当に一生に残る思い出ができました。
 この金環食を前に新聞記事を使って、金環食が大変珍しいことや、地球と太陽・月の関係を学んでいきました。事前学習をしてあるので、児童は観察の際も大変興味をもって見ていました。
 事後の学習では、6月にある太陽の表面を金星が通過する日面通過について新聞記事で学びました。「先生、6月6日もまた見たい!」と、児童は大はしゃぎでした。新聞では、金環食など自然現象を子どもでも分かりやすく図入りで説明してくれています。授業などで大いに活用できると思います。
 

NIEアドバイザー/さいたま市立東宮下小学校教諭 菊池健一(5月21日)