算数の授業でもNIE

11月17日にさいたま市では市の教育研究会研修大会が開催されました。そこで、本校では算数科の公開授業を行いました。2年生の「かけ算」の単元で児童が九九を用いて数を求めていく学習です。当日は市内から80名近い教員が参加し、大きな研究会となりました。

今回は算数科の公開授業ではありますが、ぜひNIEも盛り込みたいと考えて授業作りをしました。児童がかけ算九九を用いて、ものの数を求める学習を行った後に、1000年以上も昔に使われていた木簡にかけ算九九が書いてあったという記事を児童に示しました。

「こんなに昔の人もみんなと同じように九九を使っていたんだね。どうしてかな」と投げかけると、「きっと便利だからだよ」という声が返ってきました。

九九に関する新聞記事を示すことにより児童の九九に関する関心も高まったと感じています。

さいたま市立東宮下小学校教諭 菊池 健一(11月20日)