クイズにチャレンジ

  1. NIEトップ
  2. NIEこどもペ~ジ
  3. クイズにチャレンジ

みんなは新聞のことをどれくらい知ってるかな?まずは下のクイズに挑戦(ちょうせん)してみよう!

Q1 日本で初めて発行された日刊新聞は次のうちどれでしょう?

横浜毎日新聞

横浜毎日

日本新聞博物館 蔵

和紙に文字を書いた雑誌のような「新聞」が江戸時代に発行されましたが、鎖国(さこく)が解かれ港が開かれた横浜で1871年、現在とほぼ同じ形の新聞が毎日発行されるようになります。

それが「横浜毎日新聞」です。この新聞が日本で初めての日刊紙といわれます。当時、日本を代表する貿易港であった横浜は、多くの情報が行き交う町として、新聞が生まれるのにふさわしいところでした。

Q2 初めて新聞で広告された商品はなんでしょう?

パン

「万国新聞紙」赤線の中が広告
(横浜開港資料館 蔵)

日本人が出した最初の広告は、1867年「万国新聞紙」に出されたパン、ビスケット、ボットル(バター)などの外国人向け広告で、横浜の商人・中川屋(なかがわや)嘉兵衛(かへえ)という人が出したものでした。

Q3 記事のポイント5W1Hとは「いつ」「どこで」「何を」「なぜ」「どのように」あとひとつは?

だれが

いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、何を(What)、なぜ(Why)、どのように(How)――この要素を入れるのが新聞記事の基本です。

どれを先に書くのかは決まっていませんが、新聞記者は取材をするときも、記事を書くときも、常にこの要素を頭に入れています。

Q4 むかし、取材現場から原稿(げんこう)や写真を運んでいた動物はなんでしょう?

ハト

伝書バトは巣に帰る本能があり、方向感覚にすぐれ、長距離(ちょうきょり)を飛ぶことができます。新聞・通信社でも大正末期から昭和初期にかけて活躍しました。

昭和30年代初めまでは、特に写真のフィルムを運ぶのに活用されました。むかしは、新聞社にハトを飼育する専門の人がいたほどです。

Q5 新聞社にあって通信社にないものは?

締(し)め切り時間

新聞社の場合は、配達する地域に応じて原稿の締め切り時間を決めています。一方、通信社は国内だけでなく海外の新聞・通信社へニュースを伝えているので、1秒でも早く記事や写真を送ることが求められています。だから新聞社とちがって締め切り時間がありません。

Q6 新聞の4コママンガでもっとも長く連載(れんさい)されたのはどれでしょう?

ほのぼの君

ほのぼの君は2007年3月8日まで多くの新聞で連載されていました。
総回数は15,451回で、日本の新聞マンガでは最も長く連載されたといわれています。

Q7 新聞は全国で1日どのくらいの部数が発行されているでしょう?

約4,500万部

2015年10月現在、日本では約4,425万部の新聞が発行されています(日本新聞協会調べ)。そのうち、4,069万部が一般紙、355万部がスポーツ紙となっています。

Q8 新聞記事で原則として使わない書き方があります。次のうちどれでしょう?

ヴァイオリン

「ヴ」は「V」で始まる言葉をカタカナで表す場合に使います。「バイオリン」の場合、元の英語は「violin」なので、「ヴァイオリン」とも書きます。

新聞記事で「ヴァ」を使わないのは、英語で「バ」と「ヴァ」は発音を区別しますが、日本語では両方とも同じ発音とみなすからです。ただし、「ヴ」が固有名詞となっている「東京ヴェルディ」「ヴィッセル神戸」などは「ヴ」を使います。

Q9 新聞は巨大なトイレットペーパーのような形をした、巻き取り紙を使って印刷します。 この巻き取り紙1本の重さはどれくらいでしょう?

約1トン

巻き取り紙

日本新聞博物館に設置されている
モニュメント輪転機

巻き取り紙の重さは、紙の長さや厚さによって違いますが、約1トンのものを使う場合が多いです。乗用車1台の重さに匹敵(ひってき)します。

Q10 新聞の発行部数が最も多い国はどこでしょう?

中国

中国の新聞発行部数は、約9,904万部といわれています(2005年現在)。2004年は約9,670万部でしたので、1年間で約234万部増えています。

世界の日刊紙の発行部数グラフ

※中国は2005年、日本は2007年、それ以外の国々は2006年時点のデータ。

WAN(世界新聞協会)調べ