NIEを通して「調べる力」を育成~記者派遣事業を通して~

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. NIEを通して「調べる力」を育成~記者派遣事業を通して~

「新聞を使った調べ学習」に取り組む児童たち

 兵庫県NIE推進協議会の記者派遣事業として、共同通信社神戸支局の小島鷹之記者が1月23日、姫路市立豊富小学校で「新聞を使った調べ学習」と題したワークショップを行い、5年生88人が参加しました。「調べることのプロ」である記者から学ぶ良い機会になりました。

 ワークショップは4、5人のグループに分かれ、「こども新聞」各紙から気になる記事を選ぶことから始まりました。記事を選んだ後、分からない言葉や記事の背景にあるものを調べる→情報を関連づける→模造紙に記事を貼り付け、調べた内容を周りに書き込んでいく→全員の前で発表する―という流れで進めました。

 児童たちは小島記者のアドバイスをもとに、インターネットや図書室の本で調べたり、他のグループにアンケートしたり、インタビューしたりしながら一つ一つの内容を掘り下げていきました。

 例えば、「小学生8割、外遊びしません」という記事を取り上げ、児童ら30人に「月~金曜、外遊びを何回しているか」を尋ねたグループは、「遊ぶ場所が制限されたり、門限があったりするが、もっと外遊びをすれば健康になる」と発表しました。

 「新紙幣発行」の記事を選んだグループは、新しい肖像の渋沢栄一(一万円札)、津田梅子(五千円札)、北里柴三郎(千円札)の経歴を調べ、グラフで分かりやすく表していました。

 自分で調べ、仲間と相談し、伝える相手のことを意識しながらまとめる。「調べる」「集める」「まとめる」「伝える」のプロセスを主体的に進める子どもたちの姿が印象的でした。

 小島記者からは「新聞は簡潔に情報がまとまっているが、足りないと思えばさらに調べよう」「いろいろな情報があふれている時代。何が正しいか最後に判断するのは自分」「いつも『なぜ』という素朴な疑問や不思議を見つける目を大切に、身の回りの物事を見つめよう」とアドバイスをいただきました。

 今回の記者派遣事業は、ワークショップを通して調べ方を体感できた素晴らしい機会となりました。本校は今年4月、隣接する姫路市立豊富中学校と一つになり、9年制の義務教育学校として開校し、新聞を「つかう」「つくる」活動を通した情報活用能力の育成を目指しています。2020年度も記者派遣事業を積極的に活用していきたいと思っています。

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休業が継続中ですが、「みんな待っているよ」を合言葉に、つながりを大切にした取り組みを進めています。NIEについても、子どもたちの笑顔につながる実践を推進していきます。

井上 幸史(姫路市立豊富小中学校教頭)(5月25日)