NIE全国大会に参加して

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. NIE全国大会に参加して

NIEの先達・大村はま先生

 8月1、2日にかけて、宇都宮市で行われた第24回NIE全国大会に参加しました。今回の大会テーマは「深い対話を育むNIE」で、2020年度から小学校で完全実施される新学習指導要領に盛り込まれた「主体的・対話的で深い学び」を意識した内容でした。全国から多くの実践者や新聞関係者が集まり、熱い研修会となりました。

 1日目の基調講演では、大村はま氏の実の教え子である苅谷夏子氏が大村氏の実践について講演しました。講演では、大村氏の3つの新聞を活用した取り組みが紹介されました。その中で、特に新制中学校で授業に集中できない生徒に対して、大村氏が新聞記事を切り抜き、そこに学習の手引きを書いて全員に渡したという実践が印象に残りました。国語教育で名高い大村氏が、新聞が教材として多くの可能性を含んでいると考え、実践していたことを知り、心が熱くなりました。

NIEの課題を意識

 苅谷氏は講演の中で、「大村先生はNIEの先達であるけれど、新聞を活用した実践はそれほど多くはない。それは、十分に深く、確かに読み取りたいという姿勢を貫こうとすると、記事を厳選せざるを得なかったからであろう」と述べました。私は、教材研究をしながら、いつも新聞が何とか使えないかと考えていますが、同僚から時に「『新聞ありき』で実践を考えるのはおかしくないか。新聞の活用は手段だ」と言われることがあります。苅谷氏の講演を聞きながらこのことを思い出しました。

 しかし、それでも私はさまざまな授業で新聞を積極的に使うことには大きな意味があると思っています。それは、言うまでもなく、新聞が生きた教材で、児童生徒に学習内容と社会とのつながりを意識させられるツールだからです。学習内容と社会とのつながりを意識した子どもは目を輝かせて学習に取り組みます。また、教師自身も新聞の活用を行うことで、教材を見る目を豊かにできるでしょう。私はこれからも新聞を積極的に活用すべきだと考えました。

効果の「見える化」を目指して

 大会の初日に行われたパネルディスカッションで、日本新聞協会NIEコーディネーターの関口修司氏が「これからNIEがさらに深まるための条件として『効果の見える化』が必要である」と述べました。児童生徒が新聞を活用することでどんな力がついたのかを、当人たちも、教師も、そして保護者も見えるような授業をデザインする必要があるということでしょう。これからNIEがさらに発展していくためには、この「効果の見える化」は避けて通れない道です。今後の実践で、NIEでねらう力を明確にし、その力が子どもたちについているかを確認できるような実践を進めていきたいと思っています。

菊池 健一(さいたま市立海老沼小学校教諭/NIEアドバイザー)(10月21日)