NIEで食育を

11月には勤務する学校で「給食月間」の取り組みがあります。勤務校のある埼玉県でも県を挙げて、地産地消の取り組みに重点を置き、埼玉県の野菜のよさや昔から伝わる郷土料理を紹介する取り組みなどを行っています。

現在担任する学級では、好き嫌いのある児童が多く、給食の残菜が毎日出てしまうことが課題となっています。私自身、担任としてこれから成長期を迎える児童には、好き嫌いなく何でも食べ、健康に成長していってほしいと願っています。そして、食事を作ってくれた調理員さんたちの気持ちを考えたり、食材を作っている方の思いを感じたりしながら給食を食べることで、心も成長させてほしいと思っています。しかし、思うようにうまくいかないのが現状でした。

これまでも、同じような課題を持つことがありました。そのようなときに、海外の飢餓で苦しむ子供たちの写真を見せたり、統計資料で食事ができない子供がどのくらいいるかを示したりしていました。しかし、このような指導はあまり効果をあげませんでした。きっと、自分が食事をできなくなる状況を想像するのが難しいからだと思います。

そこで考えたのが、子供たちと食べ物(特に野菜)の距離を短くし、野菜に対する興味を高めることが有効なのではないかということです。担当するクラスでは日常的にNIEの活動に取り組んでおり、新聞に親しんでいます。そこで、新聞を使って野菜に興味をもたせる取り組みをしました。

小学生新聞には学習用に、野菜の産地や栄養などを取り上げて紹介するコーナーがあります。これは、主に5年生の社会科で産業について学習する資料として使われますが、この資料を活用して食育に取り組むことにしました。

具体的には、その日の給食で出されるメニューの中でメーンとなるものに使われている野菜をピックアップし、朝の会で紹介します。特に、栄養面や産地について紹介し、その野菜について関心をもたせます。

そして、給食の際にはその野菜をよく味わい、レポーターになったつもりでコメントを書かせるようにしました。子供たちは、

「ニンジンのやわらかさが、大豆の食感を引き出していた」

「カボチャの甘みが、スープの味をさらによくしていた」

など、本当のグルメリポーターのようなコメントを書いていました。

今回の取り組みで、少しずつですが、残菜の量が減ってきています。給食月間の間、この取り組みを続けていきたいと思います。また、3学期には県の野菜作りを学習する社会科授業があります。その授業ともリンクをさせ、今回学習したことが、有機的に教科の学習にも生きてくるようにしたいと考えています。

菊池 健一(さいたま市立海老沼小学校教諭/NIEアドバイザー)(11月16日)