「大学NIE研究会関西」初会合

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. 「大学NIE研究会関西」初会合

 「大学NIE研究会関西」の第1回会合が12月21日午後、キャンパスプラザ京都で開かれた。参加者は新聞記者1人を含む10人。代表の中田正浩・奈良学園大学教授のあいさつのあと、6本の発表があった。質疑応答は、ときに笑いもわき上がったが、厳しい指摘に活発な議論が絶えなかった。学会での発表で聞けなかった部分や次回の学会発表の中間報告なども聞くことができ、有意義な内容だった。

 教員養成課程・国際福祉開発論・メディア論などの授業で、どのように新聞を活用しているか、学生の反応や課題など、高等学校と共通する部分も多く、とても充実した会になった。時間に余裕があり、発表者と参加者の距離が近く、じっくりお話を伺えたことが大きいと思う。

 次回は、2015年8月30日(日)、場所は同じキャンパスプラザ京都を予定している。会費は無料。会報は発行しないので、興味のある方は、会員または事務局長の橋本祥夫・京都文教大学准教授まで。 発表された先生方の発表内容の確認や資料がほしい場合は,それぞれの先生に個別にお問い合わせください。

矢野佳津(奈良県立生駒高等学校教諭/NIEアドバイザー)(12月26日)