概数を新聞から学ぶ

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. 概数を新聞から学ぶ

 4学年の算数で「概数」についての学習があります。概数についてそのよさや概数に表す方法などを学習します。この単元でも積極的に新聞を活用しました。
 

 活用した新聞は、震災で原発近くの小中学生が他県へ避難をしたというものです。正確には「少なくとも6981人」と記されていますが、見出しには「7000人」と出ています。

「どうして、6981人を7000人にしているのかなあ」

と児童に尋ねました。
 

「きっと、7000人の方が覚えやすいからだよ。」
 

「6981人だと細かすぎて、ぱっと見たときに覚えにくいよ。」
などと、思い思いに考えを述べ合いました。

 

 この後に、概数にするよさについて教科書の学習に入って行きました。
 算数でも、新聞を積極的に活用できると考えています。それは、「6981人」「7000人」という数字が、リアルな意味をもった、いわば生きた数字として児童に示せるからです。

 これからも算数科での新聞活用を行っていきたいと考えています。
 

NIEアドバイザー/さいたま市立東宮下小学校教諭 菊池健一(1月15日)