NIEと併せて地図帳の活用2

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. NIEと併せて地図帳の活用2

 本校では毎週月曜日の授業前の時間に「NIEタイム」を設定し、新聞スクラップを中心に新聞を活用した活動を行っております。低学年は新聞写真を中心に、中学年からは記事を中心に自分で選んだ記事を台紙にはり付け、感想などをまとめます。
 
 今回は、道徳の学習とも連動させる目的で全員同じ記事をスクラップしました。スクラップした記事は冒険家の三浦雄一郎さんが80歳でエベレスト登頂を目指すという記事でした。児童はエベレストという名前は知っていても、どこにあるのか、どのくらいの高さなのかを知りません。そこで活用するのが地図帳です。児童は早速索引からエベレストを探しました。
 「ネパールのところにあるよ。」
 「ヒマラヤ山脈というところを見つけるとすぐ見つかるよ。」
と、友達同士で探しあっていました。そして、高さが8848mもあることが分かりました。

 児童は、「こんな高さの山に80歳で挑戦する三浦さんはすごい!」「最高齢の登頂記録がつくれるといいなあ」と、思い思いに話し合っていました。

 記事にはたくさんの地名が出てきます。その時に児童がすぐに使えるように、いつでも地図帳を近くにおいておくことが大切であると考えています。
 

NIEアドバイザー/さいたま市立東宮下小学校教諭 菊池健一(11月6日)