国語科の新聞づくりで防災教育

  1. NIEトップ
  2. リポート NIEの現場から
  3. 国語科の新聞づくりで防災教育

本校4年生で新聞制作学習を行いました。新聞の特徴を学習し、調べたことを新聞にまとめる学習です。新聞にはたくさんの記事があることや、記事によって大きさが違うこと、さらに見出しやリード文の工夫についてなどの特徴について、児童は新聞をめくりながら気がついていきました。
新聞づくりの題材には、「防災」を取り上げることにしました。現在、防災について取り組むことは喫緊の課題ですが、授業時数の問題があります。防災にあてる時間の確保がどの学校でも難しいと思います。今回、新聞づくりのための調べ学習で防災についての課題を設定し、児童が関心のあることについて調べていきました。 

・普段から用意しておきたい防災グッズについて
・地震の際の身の守り方
・家族と離れてしまった際の伝言ダイヤルの利用の仕方

など、たくさんのことを調べることができました。
新聞ができた後には保護者を招いて発表会を行いました。どのチームの新聞も、「心配な時は171(いない)」など、大切なことを短く見出しにまとめることができていました。新聞づくりを通して防災について考えるよい学習になりました。

 

NIEアドバイザー/さいたま市立東宮下小学校教諭 菊池健一(9月10日)