育もう 新聞のある学校図書館で

  1. NIEトップ
  2. 学校図書館とNIE

子供のやる気を引き出すのは…あなた

 あなたの地域の学校図書館は、子供たちの豊かな学びの場となっていますか?その環境を整備し、子供たちの学習意欲を引き出すのは、私たち一人一人の意識にかかっています。

 子供たちの学びを豊かにする、望ましい学校図書館とは、どのようなものでしょうか。それは、知的好奇心に応える資料がそろっていて、活用をサポートするための人材が充実している図書館です。皆さんの地域の学校図書館には新聞が配備されていますか?学校司書の方はいらっしゃいますか?ぜひ目を向けてみてください。まずは、皆さんが地域の学校図書館の状況を把握し、問題意識を持つことが、子供たちの学びの場の充実に向けた第一歩となります。

 もし学校図書館が整備されていない状況であれば、どのような対応ができるでしょうか。学校も交えて改善に向けて話し合うことも一つの方法ですが、もしかしたら十分な予算が学校まで届いていないという可能性もあります。あなたの地域では、子供たちの豊かな学びに向けられるべき予算が、本来の趣旨とは異なる目的のために使われていませんか。もし、そうであれば、皆さんの問題意識を学校に伝えるだけでは、環境整備にはつながりません。自治体や教育委員会に伝えていくことが重要になります。

 学校図書館の整備に向けて活動する団体が作成したパンフレット「学校図書館の出番です」には、より良い学校図書館を作るために私たちにできることが紹介されています。ご参考にしてください。