めざせ!新聞博士

  1. NIEトップ
  2. NIEこどもペ~ジ
  3. めざせ!新聞博士

新聞について詳(くわ)しくなったら、お父さんやお母さん、友達にも教えてあげよう。

Q 1 新聞紙の上下がギザギザで、下にいくつかの穴があるのはなぜ? 新聞紙の大きさはどのようにして決まったの?

新聞はトイレットペーパーのお化けみたいな巻き取り紙に印刷された後、ページをそろえて折りたたまれ、回転カッターで切断されます。
カッターの回転も高速のためまっすぐな刃(は)ではなく、のこぎりみたいな刃が使われます。このため、切った跡がギザギザになっているのです。
穴があいているのは、新聞を1部ずつ切ったり折ったりするため、針金状の金具を差し込んで引っ張った跡で針穴と言います。
現在の新聞1ページの大きさは、縦が54.6センチ、横が40.6センチで、日本で最初に使われた輪転機に合わせた大きさが、そのまま残っているのです。

Q 2 天気予報はどのようにして新聞に載(の)るの?

新聞社によって扱(あつか)い方は違いますが、多くは1面に日本上空の画像と天気図を載せています。
日本上空の画像は、気象庁の衛星「ひまわり」が撮影(さつえい)したものです。1時間ごとに通信社が受信し、新聞社に送ります。気圧の状況を示す天気図も、簡単な天気予報の文章とともに、気象協会から通信社を通じて新聞社に送られます。
天気予報は、仕事をする人だけでなく、釣りなどのレジャーや旅行をする人にとっても大切な情報です。
このため、地域を細かく区切って、時間帯ごとに「晴れ」「くもり」「雨」をわかりやすくイラストで表示するほか、雨や雪が降る確率を数字で示すなど、各新聞社とも工夫を凝(こ)らして天気予報を伝えています。

Q 3 「死亡記事」はどのような基準で掲載(けいさい)されるの?

死亡記事は、有名人や話題の人、社会的に活躍した人などが亡くなったときに掲載されます。多くは家族や会社が新聞社に知らせてきます。
対象となるのは、芸能人、スポーツ選手、文化人、学者、経済人、政治家、それにこうした有名人のお母さん、お父さんなどの親族です。
死亡記事にはふつう、氏名、肩書、死亡日時、死因、年齢、出身地、自宅住所、葬儀(そうぎ)・告別式の日取りなどを入れますが、有名人や話題の人などの場合は、その人のこれまでの活躍やエピソードが写真とともに掲載されます。
また、告別式の様子が記事としてとりあげられることもあります。

Q 4 新聞に4コママンガが載っているのはなぜ?

4コママンガは、気をつけてみると、事件や事故などのニュースが載る面に入っています。この面を社会面といいます。
社会面は人が殺されたとか、交通事故で何人も死んだとか、暗い話題が多くなりがちです。
これでは、新聞を読む人の気持ちも暗く沈(しず)んでしまいますね。そんなとき、4コママンガがあれば、ホッと救われたような気分になるでしょう。
4コママンガは、暗いニュースを伝える社会面の中でビタミン剤(ざい)の役割を果たしているのです。新聞に初めて載ったのは、1923年10月から掲載(けいさい)された「正チャンの冒険(ぼうけん)」だといわれています。

Q 5 どうして新聞は、その日のラジオ・テレビ番組を載せることができるの?

ラジオ・テレビの番組を扱う専門の会社があり、各新聞社はその会社から事前に番組表を送ってもらいます。
大きな出来事があると、ニュース番組が増えるなど、急に番組が変わることもあります。そのときは、専門会社からだけでなく、テレビ局から直接、各新聞社に番組変更の連絡が入ります。
今やテレビは生活に欠かすことができません。ラジオ・テレビ欄(ラ・テ欄)は、最も読む人が多い面のひとつです。最近はチャンネル数が多くなり、1ページで納まらなくなってきたので、テレビ番組とラジオ番組を分けて載せるようになりました。

Q 6 記事の大きさは、誰がどのように決めるの?

新聞社には毎日、世界中からさまざまなニュースが集まります。新聞記事は見出しがないと読みにくいし、どんな意味があるのかわかりにくいですね。
そこで締め切り時間までに集まってくるニュースを見ながら、編集局で、どの面にどの大きさで載せるかを話し合い、1面のトップをはじめ、各ニュースの扱いを決めます。
原稿はデスクや、原稿を専門にチェックする校閲(こうえつ)部などでしっかり点検していますが、結果として間違えることがあります。間違った場合は、誤りを認めて、どう間違っていたかを明らかにする記事を出します。

Q 7 新聞をつくるとき、載せる記事が足りなくなることはあるの?

新聞社では記者が毎日、取材をして記事を書いています。このほか、通信社や海外特派員から、たくさんの記事や写真が送られてきます。
こうして新聞社には、1日あたり250ページの文庫本5冊分の情報が送られてきます。多くの新聞は1行12字ですから、6万行にもなります。新聞に載るのは、そのうちの1万5千行あまり四分の一に過ぎません。
だから、記事が足りないということはありません。それどころか、スペースが限られているので、どの記事をどのくらいの大きさで載せるか、いつも頭を悩(なや)ませているのです。

Q 8 新聞社はどのようにしてニュースを集めるの?

新聞社の編集局は取材相手によって政治、経済、社会、文化(学芸)などの各部に分かれています。例えば政治部の記者は国会で政治家に会って、また、社会部の記者は火事などの現場に行って記事にします。
記者は、官庁や警察で発表される情報などをもとに取材するほか、自分の担当する分野、例えば文化部記者なら作家や画家などにインタビューして原稿をまとめます。
このほか、共同、時事などの国内の通信社、外国の通信社からも刻々とニュースが入ってきます。また、海外に駐在(ちゅうざい)する特派員からも記事が送られてきます。

Q 9 「特派員」はどんな仕事をしているの?

大きな新聞社や通信社は国内だけでなく、海外にも記者を派遣してニュースを取材しています。このように、海外に駐在して記事を送る記者のことを特派員といいます。主要な新聞、通信社は海外に30拠点(きょてん)以上の支局を持ち、特派員の数は多い新聞社では60人以上にのぼります。
特派員は、英語はもちろん、その国の言葉ができなければなりません。現地で新聞やテレビを見てニュースを追うだけでなく、直接、記者会見に出たり、事件・事故では現場に行ったりして取材をするからです。原稿は、パソコンを使って本社のコンピューターに送り込みます。

Q10 「写真記者」はどのような仕事をしているの?

写真記者の仕事は政治、経済をはじめ事件や事故、スポーツなど、あらゆる分野のニュースを天候にかかわらず、昼夜カメラで追い続けることです。
そのため、24時間態勢で取材に当たっています。海外で大きな事件や事故が起きた場合は、いち早く飛び出します。
写真は記事と違い、現場に行かなくてはなりません。ときには自分の体重ほどの荷物をかついで取材に向かうこともあります。新聞には締め切り時間があり、写真も早く送らなければなりません。
一刻を争う場合は、現場から写真を送ることがあります。最近は、デジタルカメラやパソコン、インターネット、携帯電話の進歩でより早く送信できるようになりました。

Q11 間違った記事を載せたときは、どうするの?

新聞社や通信社では、1本の原稿をデスクといわれるベテラン記者だけでなく整理部、校閲部など何人もの記者が目を通し、チェックしています。
それでも間違った記事が載ってしまうことがあります。間違いは、数字や人名地名などが多く、原稿をパソコンで書くようになってからは、「家庭」を「仮定」というような同音異義語のミスも増えています。
そんな場合、訂正(ていせい)記事を出し、読者にその記事に誤りがあったことを知らせています。
また、ミスのほとんどは不注意によるものですが、どうしてミスが起きたかをよく調べて誤りを繰り返さないようにしています。

Q12 通信社と新聞社はどう違うの?

日本には共同通信社と時事通信社のふたつの代表的な通信社があります。通信社の役割は、取材したニュースを新聞社や放送局に送ることです。
通信社には輪転機はありませんが、新聞社にあって通信社にないものがもうひとつあります。それは、「締め切り時間」です。
新聞社の場合は、配達する地域に応じて原稿の締め切り時間が決まっています。しかし、通信社の場合は、ニュースの送り先が国内の新聞社や放送局、外国の新聞・通信社とさまざまなので、少しでも新しいニュースを載せてもらったり、放送してもらうため、1分でも早く記事を送ることが求められているのです。

Q13 国際ニュースの「ロイター=共同」「AFP=時事」って何のこと?

ロイター、AP、AFP、共同、時事というのは通信社のことで、その記事が通信社から送られてきたことを表しています。
新聞に載っている記事は、その新聞社の記者が取材して書いたものばかりではありません。よその県、外国での出来事は、多くの新聞社が通信社から送られた記事を使います。
通信社には新聞社と同じように記者がいて、取材して記事を書きますが、新聞は印刷していません。新聞社や放送局に記事や写真などを送ることを仕事にしている、いわばニュースの「問屋」さんです。イギリスのロイター、アメリカのAP、UPI、フランスのAFP、中国の新華社などが有名な国際通信社で、日本では共同、時事の2社が代表的です。
「ロイター=共同」とは、ロイター通信社が配信したニュースを共同通信社が翻訳(ほんやく)して配信したことを表しています。

Q14 新聞社は読者にどんなサービスをしているの?

新聞社は新聞を出す以外に、さまざまなイベントを行っています。例えば、「甲子園」で知られる高校野球大会がそうです。マラソン大会を行っている新聞社もあります。
このほか、美術展や写真展などの展覧会、音楽や書道などのコンクール、講演会、地元に密着した花火大会、盆踊り大会なども開いています。
新聞社によって、行うイベントは違います。入場料を取るものもあれば、無料のものもあります。新聞社は、こうしたイベントを通じて、日本のさまざまな文化の発展に役立ちたいと考えているのです。

Q15 新聞とテレビの違いは?

新聞にはいくつかの特徴があります。意見や考えをきちんと持っていること、政治やスポーツの結果までいろいろなことが一覧できること、持ち運びができること、資料として保存できること――などです。
大きなニュースなどでは、内容を詳しく報道するほか、その背景や問題点を解説したり、特集や連載をして、よりわかりやすくすることにも力を入れています。
最近、インターネットなどコンピューターを利用したマルチメディアが広く行きわたってきましたが、新聞も電子新聞など、未来の新聞のあり方を考え、研究しています。

Q16 新聞はこれからどう変わっていくの?

日本で1日に発行される新聞のうち9割以上が読者の元へ届ける宅配(たくはい)という形をとっています。この制度が続けられるかどうかが新聞の将来をきめるカギになりそうです。
新聞の将来像にはふたつの見方があります。ひとつは今後、紙の新聞はすたれ、どこの家にも、テレビ、電話、パソコンを総合した機器が備わり、画面で見たニュースを必要なだけ印刷する時代が来るというものです。
もうひとつは、あふれるほどの情報の中から重要な情報をニュースに仕立てる新聞の機能は変わらず、読者が世の中を考えるときの判断材料として欠かせない、というものです。
当分の間、新聞と電子メディアは共存するものと思われます。

Q17 新聞記者になるにはどうすればいいの?

新聞記者になるためには資格もいりませんし、そのために特別な勉強をする必要もありません。ただ、社会のいろいろなことを知ることが必要ですし、そのための一番の教材は、やはり新聞でしょう。新聞を毎日読む、これが何よりも大切です。
新聞には、考えるヒントがいっぱいつまっています。記事を読んで、「何が起きたのか」を探り、そして「なぜ起きたのか」を考えてみましょう。
ひとつのことから、いろいろな疑問がわいてくるはずです。お父さんやお母さんに聞いたり、先生に質問したり、図書室や図書館でも調べてみましょう。
多くの人の意見を聞いて、自分の考えをまとめていく、そういう学ぶ姿勢こそ、新聞記者になれる近道です。